現在位置: ホームの中のブログの中の【磯投げライターブログ】三橋雅彦 B級穴場調査官ファイル[96]赤物五目を楽しめ(沼津小海港で赤物狙い)

【磯投げライターブログ】三橋雅彦 B級穴場調査官ファイル[96]赤物五目を楽しめ(沼津小海港で赤物狙い)

admin (2015年9月14日 20:27)

■日時:9月13日
■天候:雨後晴
■潮:大潮

 うだるような夏も終わり、気が付けば過ごしやすい陽気になりました。こんな日は景色の良い所でのんびり竿先を眺めるのも心地よく、久々に指令も出たことから赤物五目を楽しむべく向かったのは沼津小海港。
 沼津駅に降り立つとポツポツと雨が降っており「こりゃ釣り場も空いてるか?」などと思ったのも束の間、バスから見る釣り場はどこも賑わっておりやや不安に。

koumi0913.jpg

 小海に到着し旧港堤防へ行ってみると幸い先端と根元付近にカゴ釣り師がいるのみで中間付近にて1本竿でスタート。先日の大雨の影響からか嫌な濁り方をしており、ソコリ間近ということもあって定番のトラギスは小型ながらポツポツと掛かるがアタリは遠い。カゴ師もあまり芳しくない様子。

himeji0913.jpg

 唯一シロギスのような活きの良いアタリで竿を揺らしたのは18㎝とこの魚にしては良型といえるヒメジであった。

toragisu0913.jpg

 昼を過ぎ上げが利き始める頃よりマッチ箱サイズのチャリコが掛かり始め、トラギスもいつも通りのサイズが掛かるようになったもののやや渋め。ホウボウ、イトヨリといった上等な赤物を期待して打ち返すがこの日は全体的に渋く、チャリコ、トラギスのみでベラのアタリもない。試しに普段はベラがうるさい近めゾーンに入れてみるもアタリは少なくたまにネンブツダイが掛かるのみ。思った以上に大雨の影響があるようだ。
 結局、トラギス、ヒメジ、チャリコ、ネンブツとわりと下等な赤物のみで終了。天候が落ち着き普段の水色が戻るまでは1〜2週間ほどかかるかと思われるが、そうなればより一層楽しめるかと思われる。

釣査結果→思った以上に降ったようです。

こんな状況でも掛かるトラギスの安定度に助けられつつ......ヒメジ18㎝1尾、トラギス15尾前後、チャリコ10尾ほど。

koumikou0913.jpg

(竿)安投竿
(リール)安投リール
(道糸)PE2号+力糸PE5号
(オモリ)亀甲25号
(仕掛)市販キス仕掛8号
(エサ)ジャリメ

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr

各カテゴリーの最新記事

    

アーカイブ