現在位置: ホームの中のブログの中の【磯投げライターブログ】三橋雅彦 B級穴場調査官ファイル[98] 北陸のハゼを狙え(大野川、内川でハゼ狙い)

【磯投げライターブログ】三橋雅彦 B級穴場調査官ファイル[98] 北陸のハゼを狙え(大野川、内川でハゼ狙い)

admin (2015年10月20日 17:04)

■日時:10月18日
■天候:晴
■潮:中潮

 新幹線が開業し何かと話題に上ることも多い北陸。そんなこともあってか「北陸でハゼを狙え」という指令が当局より発せられた。「北陸まで行ってハゼ?」と思われるかもしれないが、私もそう思います。

ph_oonogawa.jpg

 爽やかな朝、北鉄金沢より北陸鉄道浅野川線に乗り粟ケ崎下車徒歩すぐで石川県漁協内灘支所の岸壁に到着。

haze1018_1.jpg

 上総湊の湊川河口を彷彿とさせる昭和な船溜まりでパックロッド1本の足下探り釣り。飽きない程度にアタリがあり釣れるハゼは18㎝級主体とまずまず。

ph_uchikawa.jpg

 2時間ほどやって10尾前後、外道にはマルタやシマハゼなどといったところで移動。金沢より高岡、高岡からは万葉線にて「日本のベニス」とも言われる内川へ。素晴らしい釣り場環境!さらに、緩やかな流れ・水色がかった適度な濁り・浅からず深からずの砂泥底と、いかにもハゼの好きそうな条件が揃っていることに期待が高まる。

haze1018_2.jpg

 足下に仕掛けを下ろすとすぐにアタリが出て12cm級。その後はほぼ入れアタリ、ただし型は12〜13㎝クラス主体と大野川には劣る。型を求めて越の潟寄りの最河口まで探り歩き、万葉線橋脚際で外道にシマダイ。ここまで来るとハゼも幾分か型が良くなり15㎝クラスが主体となる。ひとしきり足下でハゼの元気なアタリを楽しんで、夕暮れとなったことから釣査終了とした。

釣査結果・どちらも好釣果が期待できる。特に内川は、近郊にあんな所があったら通ってしまうぐらいに凄まじく良い雰囲気でした。

oonogawa.jpg

ucnikawa.jpg

(竿)激安パックロッド
(リール)激安小型スピニング
(道糸)ナイロン3号
(オモリ)ナツメ5号
(針)ハリス付流線8号
(エサ)アオイソメ

 このページのTopへ

  • Twitter
  • Facebookページ
  • Google+
  • mixiページ
  • Tumblr

各カテゴリーの最新記事

    

アーカイブ