講師【久保野孝太郎】


2009/11/30発売 価格1575円

DVDと本が連動!

磯の人気ナンバー1ターゲット

メジナ(グレ)を釣ってみよう!

若手メジナ師の筆頭・久保野孝太郎が

基礎の基礎からレクチャーするメジナ釣り入門

仕掛け作りや基本的な手順は、イラストや写真を大きく使った誌面で、コマセワークや魚とのやりとりはトップトーナメンター・久保野孝太郎さんの解説付きDVDでチェック。これさえ見れば、エキサイティングなメジナ釣りを今日から楽しめます!!

プロローグ

メジナ釣りの魅力

コマセと仕掛けを同調させてアタリを引き出す高いゲーム性、そして剛竿を何度もへし曲げる強い引き、メジナは全国的な磯の人気ナンバーワンターゲットといっても過言ではないでしょう。マダイのように煌びやかな色気はありません。イシダイのように釣り人を威嚇するような勇ましさもありません。なのに、メジナという魚は釣り人の心をとらえて放しません。まずは、そんなメジナの素顔を覗いてみることにしましょう。

チャプター1

ウキ釣りに必要な道具

竿やリールをはじめ、ウキやオモリ、ハリなど、ウキ釣りのタックルは実に多くのパーツで構成されており、これらを上手に組み合わせることが効率のよい釣りにつながります。ウキ釣りタックルを自由に使いこなすには、まずパーツひとつひとつの目的と意味を、しっかり理解することが大切です。 

チャプター2

タックルのセッティング

道具が揃ったら、いよいよセッティングです。ウキ釣りの仕掛けには多くの小物を用いますが、複雑な結びは特に必要ありません。ただし、正しくセッティングしなければどんな釣り具も十分に働いてくれないものです。ウキ釣りの仕掛けは釣り場の状況を見てから作るのが基本。現場でもたつくことがないよう、結び方を体で覚えておきましょう。

チャプター3

メジナ釣りに使うエサ

釣りにはいろんなエサが使用されますが、メジナ釣りはさほど多くの種類を必要としません。しかし、限られたエサで本命を釣り上げなければならない難しさも、少なからずあります。付けエサしかり、コマセしかり、メジナ釣り専用のエサも各種出回っていますが、これをどう選び、そしてどう使うかが釣果の分かれ道です。

チャプター4

釣り方 一連の流れ

タックルのセットが終わり、エサの準備も完了。あとは実際に釣るだけです。とはいえ、慣れないウキ釣りの手順に、初めて竿を握る人は戸惑ってしまうことでしょう。まずは難しく考えず、「習うより慣れろ」の精神で挑戦してみましょう。頭で考えなくてもタックルを操れるようになればホンモノです。

チャプター5

実践テクニック

ウキ釣りのタックルとエサを知り、一連の手順もマスターしました。でも、海には風があります。そして波もあります。エサ取りも大挙して群がってきます。いざ釣り場に立ってみると、メジナとの間に立ちはだかる障害がいかに多いかということを、きっと思い知らされるはずです。最後のチャプターでは、磯という自然条件の厳しい釣り場における上手な状況対応術と立ち回り方を学びましょう。

特別付録

メジナ釣り ミニ用語辞典

NEW BOOKS