講師【長谷部 司・林 賢二・渡邉長士】


2010/11/25発売 価格1575円

いざというとき、釣り場でもう困らない!

動画なら複雑な指の動きも一目瞭然!

 対象魚に合わせた仕掛けを選び、確実な結びをマスターすることは釣果への第一歩です。本書では、堤防釣りで用いる仕掛けと結び方を豊富なイラストと写真、そして同梱のDVDでやさしく解説したビギナーズマニュアル。魚の数が多く、足場のよいフィールドである堤防を舞台に、各メディアで活躍する長谷部司さん(ウキ釣り)、林賢治さん(投げ釣り)、渡邉長士さん(ルアー釣り)が、基礎の基礎からわかりやすく手ほどきします。

プロローグ

“釣れる 仕掛け”

正しい仕掛けを正しく結ぶ。たったこれだけで釣果はアップ!

優秀な出来合い仕掛けがたくさん出回っている今、竿とリールだけを持って釣具屋さんに駆け込めば、とりあえず釣りはできます。でも、なぜか隣のおじさんだけが釣れて自分たちはサッパリなんてことはありませんか? タックルは新品、仕掛けもパッケージにしっかりと「爆釣間違いなし!」と書いてあるのに釣れないのは、使い方が間違っているからかも……。釣り場の状況に合った正しい仕掛けを正しくセットする。意外とこれだけで釣果が変わってくるんですョ!

チャプター1

基本的な結び

釣りの仕掛けに用いる結びは多岐にわたりますが、原型となっているのはほんの数種類で、手順の複雑な特殊ノットもその発展形にすぎません。基本さえ押さえておけば、あとの応用も簡単。市販完成仕掛けが充実している現在、この章の結びを覚えるだけで、セッティングで困ることはほとんどないはずです。

チャプター2

ウキ釣り仕掛けと必要な結び

シンプルなウキ釣り仕掛けは、数ある海釣り仕掛けのなかでも非常に古い起源を持ちますが、ダイレクトに魚とヤリトリする醍醐味は多くの釣り師を惹き付けて止みません。結びは第一章でマスターした基本的なものだけでほぼ事足ります。しかし、ときに50㎝を超えるクロダイやメジナがヒットするだけに、「強い仕掛け作り」を心掛けましょう。

チャプター3

投げ釣り仕掛けと必要な結び

手軽に楽しめる投げ釣りは、堤防のスタンダード釣法として不動の地位を確立しています。市販仕掛けも充実し、今や仕掛けを一から作る必要はまったくありませんが、いくら安価とはいえ根掛かりで1本エダスが切れた仕掛けを捨ててしまうのはもったいない話。ちょっとした結びを覚えて補修すれば、あなたの仕掛けはまだまだ働いてくれるのです。

チャプター4

ルアータックルと必要な結び

内水面でのトラウトやブラックバスを狙う釣りだったルアーフィッシングが海に持ち込まれて20数年。パイオニアたちの開拓により釣り方やタックルが目覚ましく進歩し、今では誰もが簡単に入門できる釣りになりました。堤防は多くの魚たちと遊べるフィールド。まずは構えず、気取らず、気軽にルアーを投げてみましょう!

チャプター5

堤防釣り仕掛け図鑑

堤防周りには様々な魚が棲息し、ウキ釣り、投げ釣り、ルアーフィッシング以外にもたくさんの釣り方があります。釣り方の引き出しが増えれば、それだけ海の楽しみ方も増えます。最後の章では、身近なフィールドで活躍する仕掛けたちを紹介しましょう。

特別付録

堤防釣り ミニ用語辞典

NEW BOOKS