NEW BOOKS

2011/1/25発売 価格1680円

特集1

オモリ使いの悩みに答える

何が『薬』で何が『毒』か?

第一部 悩み多きオモリの世界 大西 満
~オモリはポイントによってマメに打ち替えよう~

第二部 “オモリ使い”の実際
我妻徳雄 ~源流域〜渓流域・オモリはキャストとも密接な関わりがある~
朝倉 悟 ~上流域〜渓流域・どこを狙いどう食わせるかをイメージする~
岡崎 孝 ~ゼロ釣法(細糸の釣り)・0.1号ラインにガン玉3号を基準に組み立てる~
井上 聡 ~本流域・イメージと現実のギャップは観察と確認で埋めていく~

特集2

居着きを釣りたい!!

パーマーク輝く良型ヤマメ&アマゴが釣れる河川を地元名手がナビゲート!

大きく張ったヒレと美しいパーマークを纏った魚体。渓流釣りの原点ともいえる居着きに、これまで多くの釣り人が虜にされた。しかし、外敵の多い川で育ってきた彼らは警戒心が強く、そう簡単には釣れてくれない。「だけど、やっぱり居着きを釣ってみたい……」というあなたのために、居着きの魚影が濃い8河川を厳選。その攻略法を現地に精通する本誌執筆陣に紹介してもらった。

カラーグラビア

■早春
北アルプスを望む解禁間もない残雪の渓

岐阜県/跡津川源流域

■夏渓
利根川の本流ヤマメを追う

群馬県/利根川

■熱闘
ハイプレッシャーと猛暑、2つの障壁に立ち向かう

山梨県/桂川

■躍動
0(ゼロ)釣法に魅せられた兄と弟の休日

宮城県/江合川

■美麗
天然、純血のべっぴんアマゴに逢いに行く

奈良県/舟ノ川

■遡行
山を知り、川を知り、魚を知り、己を知る旅。

富山県/野積川源流域

■面影
四半世紀ぶりに訪ねた「遠い憧憬の渓」

高知県/黒尊川

日帰り源流釣行のすすめ

渓流釣りの醍醐味を手軽に味わう

■解説=木嶋則幸

 源流は古来の姿を今も保ちながら、イワナや大自然との出会いを叶えてくれる所だ。ただ、前人未蹴の深山幽谷は、残念ながら現在の日本にはない。山と同様、すべての渓谷は誰かがすでに入っている。しかしながら、それがわかっていても、源流には多くの魅力があり、それが釣り人を惹きつける。そんな源流釣りを日帰りで気軽に楽しめるノウハウを詳細解説。

細山式仕掛けWORKS(ワークス)

ちょっとの工夫で強度と機動力が数段アップ!!
■解説 細山長司

渓流仕掛けは、星の数ほど存在する仕掛けのなかでも、最もシンプルなものである。しかし、小継竿ひとつとっても長さは3mほどのショートタイプから7mクラスまでかなりの幅があり、あれもこれもと仕掛けを欲張ると、ベストのポケットはあっという間に膨れ上がってしまう。また、藪を漕ぎ、木々を縫って竿を出すという釣りの性格上、現場で仕掛けを補修する頻度もかなり高い。スマートな仕掛けワークは、釣りの効率をも向上させる。どのような仕掛けを用い、現場でどのように対処するのか。源流から本流まで、どんなフィールドも鮮やかに釣りこなす細山長司さんに、その手の内をご伝授いただこう。

特効エサ “川虫”の基礎知識

■GUIDE 袖山 孝男

竿、糸、ハリといった釣り具の性能が高まり、細仕掛けで魚に口を使わせるゼロ釣法などの釣り方も開発され、難しいイメージのあった渓流釣りも以前より身近なものになってきた。しかし、道具や釣り方が進歩しても、エサ釣りではエサそのものの良否が最重要であることに変わりはない。このコーナーでは、自然の中で渓魚が主食する威力抜群の特効エサ『川虫』に関する知識をわかりやすく解説。市販エサだけでなく川虫も有効に使い、釣果アップを目指す。

■渓流新製品紹介2011

■“美”にこだわる名工を訪ねて

■渓魚の詩Vol.6

■2011全国解禁情報